このblogは、私人としての辰己丈夫が、誰も褒めてくれなさそうなことを書いています。主に週末、夜中に更新されます。
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/18(土) 06:50  Montparnasse は上野の薫り

Hotel Concord Montparnasse

今回の出張、最初は Montparnasse(モンパルナス)の駅の近くのホテルに2泊しました。Montparnasseとはどういうところか…一言でいえば「上野」です。フランス南部からたくさんの労働者が鉄道でパリに入るとき、最初に降り立つ駅、それが Montparnasse なのです。駅から近くにはパリ大学(通称ソルボンヌ大学)もあります。労働者がおりたち、そして大学が近くにある…まさに上野です。

ところが、Montparnasse と上野、決定的に違う風景があります。それは Montparnasse Tower です。パリ市内でも数少ない高層ビル(景観保護のために建築が制限されている)の一つである Montparnasse Tower は、それまで「ガラの悪い地区」であった Montparnasse の治安を良くすることを目的として建てられたそうです。ガラの悪い店を一掃し、高層ビルを建てれば自ずと一体の「ガラ」もよくなる…というのが政治家達の見込みだったようです。

しかし、世の中そんな簡単なものではありません。Montparnasse Tower ができても、結局、回りの店の様子は代わらず、結果として Montparnasse Tower のみが浮いた存在になって孤立してしまったそうです。

そんな話を思い出しながら Montparnasse Tower を見上げ、駅前のレストラン街をフラフラと歩きました。たくさんのレストランがありましたが、店の雰囲気は、Champs-Ellyses とは違います。僕は、わざと「いかにも上野っぽい店」を選んで入りワインを注文し、料理を注文して食べました。

こんな Paris も楽しいものです。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://tt5.blog25.fc2.com/tb.php/51-ee888742
プロフィール

辰己丈夫

Author:辰己丈夫
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。