このblogは、私人としての辰己丈夫が、誰も褒めてくれなさそうなことを書いています。主に週末、夜中に更新されます。
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/23(土) 03:23  それは悲し過ぎる結末でした。

人はいろいろなことに喜んだり、悲しんだりするものです。僕も同じです。僕の場合は、自分の性格の問題かどうかわかりませんが、それに関わった時間の長さが、喜びや悲しみと大きく影響しているような気がしています。

僕が1998年から予算もないのに細々と取り組んできた、あるプロジェクトは、今年になって予算が付き、今月から実証実験を始められるようになりました。9年かかってやっと走り出しました。これは嬉しいんです。素直に喜んでいます。

でも、残念なこともあったのです。

同じ1998年から3年間、僕が平日は毎日のように聞いていたラジオ番組の某ナビゲータさんの話です。彼女は2000年4月に「大学院に入るため」という理由で2000年3月末に番組を降り、その後、実際に某大学院学生をしていたはずなのです。が、しかし、いつの間にか海外のある都市に住んでいるというblog記事が見つかりました。なんでそんな町に?と僕は思いました。それから2年間、まったくメディアに名前がでてこなかったのですが、先日、今年4月から某テレビ番組のナレータをしているということを知りました。あの声は本当に良かったよね…と思い出しながらテレビのチャンネルを合わせました。

しかし…、結果は僕の予想を悪い方に裏切るものだったのです。声が全然変わっていました。また、番組サイトの経歴欄には「2児の母」とありました。とても悲しかったです。というのも、ひょっとすると今年秋頃に、その方に、ある仕事をお願いしてみようかと思っていたからです。でも、あの声を聞いて、それは夢のまま保存しておくべきだと感じました。

それは悲し過ぎる結末でした。

この記事へのコメント
91. 麦茶   URL  2007/06/27 12:47 [ 編集 ]
あこがれはそっと取っておくべき・・・、かもしれませんね。長年大切に心の中にしまっておいたものが変わってしまうのは、本当に悲しいですものね。
この傾向、男性に特に強いように思います。
閑話休題。
今度は早稲田に住まいます。母校へおいでの際はご一報を。
92. たつみ   URL  2007/06/27 22:58 [ 編集 ]
麦茶さん、こんばんは!
なんか心の中をみすかされている気がします。するどい。
ところで早稲田に引っ越されるのですか…。
僕は7月中旬までなら毎週行ってますよ。
母校というよりも、毎週定期的に行く職場のひとつです。
おいしい店ならたくさん知ってますよ。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://tt5.blog25.fc2.com/tb.php/46-2a9ea045
プロフィール

辰己丈夫

Author:辰己丈夫
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。