このblogは、私人としての辰己丈夫が、誰も褒めてくれなさそうなことを書いています。主に週末、夜中に更新されます。
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/25(金) 00:16  不要なものは不要

毎日新聞web版に、「自動車のライトは上向きか下向きか」という記事がでています。僕自身は、ライトの向きを頻繁に変えることを厭わないので、記事の内容には納得するところがあります。ほかの細かいことは記事を見て頂くことにして、僕が主張したいことを書きます。

自動車のライトの上向き、下向きの問題のほかに、車には、フォグランプ、ヘッドランプ、ドライビングランプ、スポットランプ、ポジションランプなどたくさんのランプがあります。それらの特性(光の回り方、到達距離)などを知らないで使うと、周りの車に迷惑をかけたり、自分自身が危ない目にあったりします。同じ話は、リヤフォグランプにもあります。リヤフォグなんて、霧が非常に多い地域を普段から運転する必要があるときに限って必要な装備です。でも、そういう装備を、必要のないときと場所で使っている人がとても多いです。これは、もうちょっとしっかり取り締まって欲しいと思いました。

スポンサーサイト
2007/05/19(土) 23:59  さようならロケット広場

泉州とは概ね大阪の南側の地域を指します。泉州で大きな町は、泉北が堺で、泉南が岸和田です。

実は、僕は阿倍野の病院で生まれ、3歳までは堺市民、その後は岸和田市民で、小学校2年生の9月に東京へ転居しました。また、30代にも4年6カ月にわたり岸和田市民をしていました。つまり人生の13年弱は泉州の住人だったのです。

そんな泉州在住経験者にとって、いわゆる「大阪ミナミ」と呼ばれている難波~天王寺近辺はとてもなつかしい一帯です。でも、この一帯は変化が激しく、郷愁に浸れることも少なくなりました。子どもの頃と比べると、阪和線天王寺駅は大きくは変わってないのですが阪和線の電車は全く変わってしまいました。あの頃は、キハ81の特急くろしおが走ってたなぁ。それから、南海は難波駅が大きく変わりましたが、電車は(塗装以外)全然変わってませんでした。大阪球場は無くなり、難波駅は移動していました。

そんな泉州出身の僕の今日の出張先は泉州の某所。駅の名前も、人の言葉も、水なすの味も、何もかも懐かしい泉州でした。

ところで、出張中に「ロケット広場が無くなる」という話を聞きました。ロケット広場というのは、南海なんば駅構内にあるなんばCITYのシンボルとなっているロケットが立っているところの広場で、待ち合わせの定番的な場所なのです。僕はここで待ち合わせをしたことはないのですが、いつもこの近くを通っていた(南海→地下鉄の乗換のときに通る)ので、これが無くなるという話は残念。ということで帰りにロケット広場の前を通ることにしました。

もう大人だというのに、ロケットの下でポーズを決めた写真を撮ったりして遊びました。そしてさようなら。ロケット広場を後にしました。それが30代最後の日の話でした。

2007/05/11(金) 23:37  変わらなきゃ、ね!

先ほど、テレビを見ていたら、某レンズ会社と某総合カメラ会社の合併騒動のことが放送されていた。

昔だったら、総合カメラ会社のほうがレンズ専門の会社より大きいというのは自明だったのに、いまはその自明な常識が通用しない。

そういわれてふと考えてみると、今回話題に上ったカメラ会社以外の日本のカメラ会社って、たぶん全部、カメラ専門の会社としてはもはや成立していないように思う。

N社は半導体製造装置、M社の安い方はK社とともにコピー機、M社の高い方はS社のデジタルカメラ、O社は医療。Y社はK社に買収され、見る影もない。そしてC社とF社は消費者向けデジタルカメラの勝者となった。

この業界でも、何かを変えなきゃ、生き残れないんだろうなぁ。

プロフィール

辰己丈夫

Author:辰己丈夫
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。