このblogは、私人としての辰己丈夫が、誰も褒めてくれなさそうなことを書いています。主に週末、夜中に更新されます。
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/27(金) 20:19  存在しないはずの人は、本当に存在しないのか

僕は、もともと重大な犯罪(刑事事件)での公訴時効の延長には賛成なのですが、完全に時効を廃止をすると、今度はものすごく困ることが起こるんじゃないかと思っていました。例えば、帳簿は永久に保存しなければいけなくなるので、捜査資料の検索も、管理も大変になります。完全に時効を廃止すると、それは永遠に残すということになるからです。でも、2010年4月の刑事訴訟法改正で、一定の条件を満たす場合は公訴時効が完全に廃止されてしまいました。「あーあ、知らんぞ。100年後の未来に面倒なものを残すぞ……」と、そのときに思いました。

さて、最近、亡くなったはずの人の戸籍が残っているという事例が多数発見され、ある自治体では200歳以上の人の戸籍を抹消するそうです。それにしたがって、西暦2200年に残っている200歳の人の戸籍を強制的に戸籍抹消を行なうとします。そうすると、犯人が仮に生存して発見されても、その犯人の戸籍は、おそらく抹消されています。さて、犯人をどうやって起訴すればいいのでしょうか?

僕のこの↑意見、200歳の犯人が生存しているということはありえないだろう、とか、そもそもそのときに戸籍って制度があるのか、とか、まぁ、いろいろツッコミ所はあるんですが、そういう突っ込みは『法制度』を作るうえで確実にいえない話を前提ばかりです。法律に、人間の年齢の上限が書かれているわけでもないし、法律に戸籍制度の廃止が書かれているわけでもないのだから、法律は法律として無矛盾であるべきだとするなら、(A案)200歳を越えている人の戸籍を検証無しに抹消する作業を裁判所命令で中止させるか、そうでなければ、(B案)公訴時効の完全撤廃制度を見直すか、のどちらかが必要だということです。

個人的には、2010年4月1日以前は、25年とかになっていた公訴時効を、例えば125年とかにするだけでよかったとおもいます。裁判所の皆さん、議員のみなさん、ぜひとも考えて欲しいです。

スポンサーサイト
2010/07/28(水) 08:23  これをジレンマと言わず、 何だと言えばいいのだろうか

もう、2年以上前のことですが、うちの職場の、ある建物の階段に人感センサー付きの照明装置が付いた。それは、間違ってはいないと思うんですが、いままでエレベータより階段の方が省エネだよねと思って階段を愛用していた僕は、ジレンマに直面した。

その階段を暗くなってからドンドン降り進んでいくと、階段室の電灯(蛍光灯)が、ドンドン点灯していく。人感センサーを付ける前よりはエコだということはわかっているけれど、やっぱり複雑な気分だ。1階に降りるにはエレベーターか階段のどちらかを利用しないといけない。

これをジレンマと言わず、何だと言えばいいのだろうか。

2010/04/24(土) 14:33  勝手に変な気分

飲食店で、子ども連れの主婦2組が話をしていた。片方のご家庭の名字は、なんと「たつみ」だった。もう片方の主婦の名前は僕の母の名前だった。すげーへんな気分。

2010/04/09(金) 21:30  無意味

ダイヤの変更

先ほど見つけた掲示。定刻より1分遅延しますなんて告知、中央線快速電車なら、言うまでもなく無意味だ。


2010/03/25(木) 21:04  賢い人たち

もう、ずいぶん前のことだが、テレビニュースで、こんな事態を伝えていた。

ある地域で、スーパーのレジ袋の無料配布を条例で廃止した。客はレジ袋を10円で買わなければならない、そうしたところ、その地域のスーパーでは重い物の売り上げが落ちた。特に、米の売り上げの減少が大きく、調べてみたら近所の米屋からの購入に切り替えている客が多いことがわかった。

そこで、この地域にあるあるスーパーは、米袋に直接粘着テープで取っ手を貼り付けて陳列し、持ち帰りやすいようにしたところ、売り上げが復活した。

さて、この話、僕が疑問に思うのは、以下の点だ。

  • 客へ:レジ袋代よりも、近所の米屋の方が高いよね。差額は配送費用ということで納得してますか?配送って、燃料がかかるし、排ガスもでるよ。
  • 客へ:「10円より高くても配送で買う」と「取っ手が付いたら買う」は矛盾してないか?
  • 自治体へ:その取っ手の無料配布は条例で禁止できないの?レジ袋よりも単価は高そうですよ。
  • スーパーへ:粘着テープの代金分、米を安くしてレジ袋を買ってもらうという戦略に出なかったのは何故?

こんな風に疑問を書いてみると、世の中、合理的でない人たちが社会を作っているんだなぁって気が付く。まぁ、そこで筋を通すことよりも、売り上げを確保すること、責任を回避すること、面倒なことはしないことの方が、今の社会では賢い生き方なのかもしれないけれどさ。

2010/03/19(金) 22:35  遅い電車

最近は、4月以降の業務の準備で忙しく、職場をでるのが毎日21時を過ぎています。それで気が付いたんですが、この時間の電車が、以前より混雑しているんですね。

日本全体では人口が減少しているそうですが、東京の人口は増えているのでしょう。個人的にはあまりうれしくないなぁ。もっと地方に人口が分散すればいいのにね。

2010/03/18(木) 22:17  グルーブラインが3月末で終了

つ、ついに、J-WAVE GrooveLineが終了するそうです。といっても後番組はGrooveLine Z(ピストン西沢と有宗麻莉子、月曜から木曜)と、Circus Circus(秀島史香、金曜) ですから、終わるというよりは、番組分割というのが正しいですね。

この番組が始まったのは1998年4月だったと思います。当時はまだ90分番組で、西麻布のJ-WAVEから西沢さんが一人で番組をやっていました。そのころから、時間があればなるべく聞くようにして、早12年でした。

思えば、自分が分担したビデオ教材のナレーションに秀島さんを希望して、引き受けていただきましたが、それもこの番組を聞いて、秀島さんの声が教材に生かせると気が付いたからで、やっぱり重要な番組でした。

個人的にはどちらもすばらしいラジオ界のプロフェッショナルですので、4月になって番組が分かれた後も、なるべく聞き続けたいなぁと思っています。

もし、この番組のことを知っていて、かつ、3月終了を知らない人がいたら、ぜひ、あと1週間、時間を作って聞くとか、録音するとか、しましょう。

プロフィール

辰己丈夫

Author:辰己丈夫
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。