このblogは、私人としての辰己丈夫が、誰も褒めてくれなさそうなことを書いています。主に週末、夜中に更新されます。
--/--/--(--) --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/03(火) 10:22  THIS IS IT

マイケル・ジャクソンが死ぬ直前まで行なっていたロンドン公演のリハーサル映像を中心に構成された映画「THIS IS IT」、10月28日から2週間限定で公開ということは、11月10日で興行終了。となるとボストンから帰ってきてからほとんどチャンスがない…ということで、忙しい毎日でしたが時間を作って見ることにしました。あちこちのサイトの情報を見るかぎりは、空前の大ヒット映画になっているそうで、全席指定の映画館では指定席を買うことからして大変だとか…。で、電話をかけて空席状況を聞いたりしてみましたが、なんだかんだと運良く席にありつけることができました。

で、映画の内容は…、というのを書くと普通は「ネタバレ」になるのですが、この映画の場合はそんなことはありません。なにせ、ノンフィクションです。ストーリーも何にもなし。「リハーサル映像と、コンサート中に使う映像だった」ということ以上のことはなにもありませんでした。

なので、これから見る(というか、聞く)人には、ぜひ注目(というか、注耳)してほしいところ書きます。

まず、マイケル・ジャクソンの掌の大きさですね。指の長さに対して掌が大き過ぎる(笑)…。とても印象的でした。というのは、ちょっと冗談です。オリジナル曲を何回も聴き込んでいる人ならわかると思いますが、バックバンドの演奏はすばらしいです。彼の葬式のときに Heal The World を最後に独唱したアジア系の女性歌手のすばらしい歌唱。オリジナルではエディ・ヴァンヘイレンが弾いていたライトハンドのパートを演奏していたギタリストの女性もめちゃカッコよかったです。そして、その演奏はオリジナル(最初に発表されたときのレコードに収録されている演奏)に忠実であって、かつ、オリジナルを進化させたものでした。僕が聞くかぎり、今回のために結成されたバンドの演奏ではなく、オリジナルをそのまま使用している場面は、少ししかなかったと推測します。

さて、ここで生粋のマイケルファンに宿題を出しましょう。晩年の…とは本当は書きたくないですが、晩年のマイケル・ジャクソンを代表する曲といえば、 Heal The World です。この曲、映画のどこで現れるか、そして、どのように使われるか。そのためにスタッフは何を準備していたのか。その答が映画で明らかになります。それを目の当たり(というか耳の当たり)にして、彼が亡くなったことが如何に「予定外であったか」を考えてみてください。(この僕なりの答案は、12月にでも追記しましょう。)

生粋のマイケル・ファンではない人にはアドバイス。たとえ終電が近付いていようとも、館内照明が明るくなるまで席を立たないこと。

それから、もう一つ注意。英語が不得意な人には申し訳ないのですが、字幕が少ないです。もし、英語が不得意でマイケル・ジャクソンの曲の歌詞の意味をよく知らないけど、それでも映画を見に行く予定がある人は、ぜひとも予習をしてください。「歌詞」は英語で lyrics ですので、曲名に続けて Michael Jackson lyrics で検索すると、歌詞サイトが出てきます。ほかにも日本語歌詞がついたビデオも探せば見つかるはずです。

最後に…。慌てて見に行ってから聞いた話。「2週間→4週間に延長決定!」えー。慌てる必要はなかったかな。

スポンサーサイト
2009/09/27(日) 19:44  JL6371 NRT-GIG

いわゆる SmoothJazz とか、 House とか、 Fusion とかが好きな僕は、ラジオでいい番組がないときには、ネットラジオを聞くことが多く、特に最近気に入っているのが、 iTunes の「ラジオ」→「Jazz」に入っている「Smothjazztambabay」です。僕が「気持ちいい曲」かかる。しかも、ナレーションというか、アナウンスというか、とにかく喋りがほとんどないので、うちで原稿作成をしながらでも聞けます。

で、先ほどもそういう時間を過ごしていたのですが、そしたらいきなり日本語女性の声で、「みなさま 本日は ようこそ ジャパンエアライン……」と流れてきた。

何?何!何?

あわてて iTunes の曲名リストをみたら、「Timax Flight over Rio」とでていた。なんだかなーと思いつつ、曲名でググって、セリフの詳細を確認してみた。こう言っていた。

みなさま 本日は ようこそ ジャパンエアライン ロクサンナナイチ便 東京リオデジャネイロに御搭乗頂きましてありがとうございます。本日の東京 リオデジャネイロ間の搭乗時間は 8時間40分となっております。

ええと、

  • 「ロクサンナナイチ便」とは言わない。「ロクセンサンビャクナナジュウイチ便」じゃないか?
  • そもそもリオに直行便は飛んでないだろ。(1990年代前半には飛んでいた。)
  • 飛んでいたとしても、8時間40分は無理でしょー!その時間ではせいぜいHNLがいいところ。
  • 「搭乗時間」とは言わない。「飛行時間」じゃないか?
とか、まぁ、いろいろあるのですが、そもそも、この曲は何なんですかね…。(ちなみに、曲調は、ラウンジ系でした。)

2008/12/31(水) 10:59  『今日は1日アニソン三昧』の日が来た…。

NHK-FMには、「今日は一日○○三昧」という、朝から夜まである特定の傾向の曲をかけ倒す企画があります。で、今日は年末恒例の「アニソン三昧」の日です。ところが、こういう企画をやると2chの実況板がアニソン関係の書き込みで埋めつくされてしまい、他の番組・放送局関係の書き込みは「dat落ち」になってしまうのです。

たとえば、いま、http://live24.2ch.net/liveradio/subback.htmlをみると、こんなふうになっています。

  1. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 27 (1)
  2. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 4 【20代専用】 (13)
  3. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 23 (515)
  4. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 5 【30代専用】 (219)
  5. 【ラジオ実況】NHK-FM以外 総合避難所 (197)
  6. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 4 【20代専用】 (18)
  7. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 125 (49)
  8. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 03【携帯用】 (260)
  9. 【954kHz】TBSラジオ4459【JOKR】 (558)
  10. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 24 (14)
  11. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 2 【40代専用】 (1)
  12. 【NHK-FM】今日は一日「アニソン」三昧次スレ案内所 (426)
  13. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 1 【40代専用】 (922)
  14. ★北朝鮮拉致被害者向け日本語放送しおかぜ★174 (320)
  15. 【マターリ】今日は一日「アニソン」三昧4【sage】 (884)
  16. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 28 (9)
  17. 【1242kHz】ニッポン放送1471【JOLF】 (237)
  18. リクエストした曲を晒すスレ (54)
  19. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 3 【20代専用】 (1001)
  20. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 26 (2)
  21. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 24 (9)
  22. 【NHK-FM】今日は一日アニソン三昧1 超絶マターリ (207)
  23. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 25 (13)
  24. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 22 (1001)
  25. 【NHK-FM】今日は1日アニソン三昧 【コマンドー専用】 (4)

占領された…という感じです。

2008/06/09(月) 21:44  今夜のお供はプロコフィェフ
  • Prokofiev-piano concertos Nos.1 & 3-Graffman-Szell
  • MYK37806 / CBS
  • プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番/第1番他
  • セル指揮 クリーブランド管/グラフマン(pf)

いわゆる「プロコのピーコン1番」です。これをききながら原稿書きます。

2008/06/07(土) 15:12  長い息抜き

ということ(6月5日の記事参照)で、胸にアザを作りながらギターの練習をしてしまったのですが、最近の若手ミュージシャン、やっぱり天才だなぁ。これほど多くの曲が、メロディが出てきていて、もう、いい「音符の組合せ」なんて全部使い果たしてしまったんじゃないかと思うのに、まだまだ、新しいものをだしてくるんですね。

ところで、今回ギターを引っ張りだしてからよく聴き込んでいるのは、なんと、スキマスイッチ。音楽って、やっぱりすごいんだなぁって思います。(いまさら聞くなよっていうな。)

でも、これでは息抜きが息抜きにならないぞ…

2008/06/05(木) 22:18  GDEmBm7 CDBm7EmAm7D7G (CG)*8 EmDCGDEmDAM7D

ということで(6月3日の記事参照)、知的好奇心を刺激する買い物ができなかった僕なのですが、ふと自室の机の上を見ると、いわゆる【歌本(全曲楽譜付)】がありました。この本は、昨年、仕事関係で必要だった本ですが、自分の本にしたかったので、領収書をとらずに私費で買いました。

本を開いてみると、昨年までのカラオケ定番曲が掲載されていました。ほとんどが日本人の歌謡曲でしたが、一部外国人の曲もありました。そこでおもむろにギター(YAMAHA FG-152)を取り出し、すこし弾いてみました。そしたら、

「譜面、間違ってるじゃん。」
の連発でした。なんてこと…

ただ、どこをどうミスするかという点をよく観察すると、曲を譜面に起こす人のクセが見えてきました。また、古い演歌系の曲と最近のJ-POPはわりとちゃんと起こされていましたが、1990年代の曲に間違いが多かったです。意外だと思ったのは、大塚愛の「さくらんぼ」のコード進行。最初に曲を聞いていて簡単だろうとは思っていたけれど、あんなに簡単なコード進行だったとは…。びっくりしました。(ちなみにコード進行には著作権は存在しません。原曲を復元できないからです。)

あまり時間がなかったので、息抜きはほどほどでやめましたが、やっぱりギターを弾いて遊んでみたい気分です。

プロフィール

辰己丈夫

Author:辰己丈夫
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。